岳の父ちゃんの PhotoBlog

カテゴリ:懐かしのフィルム( 12 )

想い出の白川郷

f0159784_17323987.jpg
f0159784_1733411.jpg
f0159784_17333464.jpg
f0159784_17341254.jpg
f0159784_17343855.jpg
                          ※クリックで拡大します。
Nikon FE2
Ai Zoom-Nikkor 35~105 1:3.5~4.5
Neopan 400 Presto
TMAX Developer
CanoScan8800F


撮影日時は1997年11月30日であります。

私が所属していた、今は無き写真クラブの日帰り撮影旅行でのカットです。

あれから19年も経ってしまったんです。


当時の撮影に使ったカメラやレンズは今はもう手元に残っておりません。

特に「FE2」は未だに手放したことを後悔するほど使いやすいカメラでした。

モノクロ現像も、道具をすべて手放してできません。(もっとも住宅事情のほうが大きいですが・・。)


こうして時々古いネガを持ち出しては当時を懐かしむワタクシなのでありました。

・・・・・結構昔を引きずるタイプ?





   
[PR]
by gaku0107boo | 2016-08-27 17:53 | 懐かしのフィルム | Trackback | Comments(10)

コダック テクニカルパン2415というフィルム

今から30年以上前のことです。コダックテクニカルパン2415というフィルム

どこで入手したのか憶えていないのですが、(たぶんトップカメラ)いわゆるコピーフィルムであります。

一般にコピーフィルムはその特性から一般の撮影にはとても使えない超硬調でありまして、

そのために超軟調現像液で処理する必要があったわけです。

天体写真の世界では、もっと前からフジのミニコピーフィルム(やはり超微粒子&超高解像)を超軟調現像液(POTA)で

処理している方々がおられました。

しかしながら、POTAという現像液は市販されていなかったため、自分で薬品を調合する必要があったわけです。

でも、私には調合するための天秤ばかりもサジも無く、そもそも薬品そのものが入手できませんでしたので、

とてもハードルの高いものでした。

ところが、その超微粒子&超高解像度を一般の撮影にも使うためのテクニカルパン2415と

現像液(テクニドール)キットが販売されたんですね。

たしかすぐに買いに走ったと記憶してます。

感度は確かASA25相当だったと思います。

撮影して現像したところ、処理が非常にシビアであることがわかり、

その難しさと低感度の使いにくさから現像は一回しただけで、

次に買おうとしたときはすでにディスコンになっておりました。

以下の画像は私が唯一現像したテクニカルパンであります。

f0159784_22551962.jpg
f0159784_22553178.jpg
f0159784_22552750.jpg
f0159784_22554039.jpg
f0159784_22553598.jpg
f0159784_00041003.jpg
Nikon newFM2
Ai Nikkor 35mm F2.8S
Kodak TP2415 (テクニドールLC処理)
CanoScan 8800F



最後の画像は私の40数年来の友人であるK氏であります。
若いですな~。
私も若かったし・・・。
彼はなんとこの当時からコンタックスRTSⅡとプラナー100mmF2を使いこなしておりました。
(画像ではミノルタα7000を使ってます。)

何しろネガの劣化が目立ちまして、
尚且つ縮小圧縮してますので、その美しさは伝わらないと思います。
それに現像が下手でネガが硬調になり、トーンの出方が悪いデス。
ピントが悪いとか、腕も無いのですが…(汗)
でも、当時は2号の印画紙(軟調)でプリントし、
その高解像と、見えないほどの超微粒子には舌を巻いたものです。

この記事を書くきっかけというのが、
ある人気ブロガー様の記事を読みまして
昔を思い出して懐かしさのあまり
ネガを探したら・・・・、
あるものですね~。
本棚にちゃんと保管しておりました。


ありがとうございました。N様。



















[PR]
by gaku0107boo | 2016-04-23 23:17 | 懐かしのフィルム | Trackback | Comments(22)

名鉄旧上飯田駅 (2003年3月9日)

f0159784_14272421.jpg
f0159784_14271268.jpg
f0159784_1427536.jpg
f0159784_14265874.jpg
Fuji GS645S
Kodak T400CN
CanoScan 8800F


このあと数週間後には改札も撤去されて壁で塞がれ

もう二度と見ることのできない光景となってしまいました。

私自身はこの駅を利用したことが殆どなかったのですが、

写真を見ているとなぜか郷愁感がこみ上げてきます。

今は素晴らしい地下駅になって、線路も平安通まで延び

大変利便性もよくなりました。


それとともに地上を走って川を渡る電車の姿も地下に潜り

電車の走る風景が好きなワタクシは・・・、さみしい・・・。


More・・・動画デス。
[PR]
by gaku0107boo | 2012-10-04 14:39 | 懐かしのフィルム | Trackback | Comments(36)

寄り添う・・・

f0159784_18443832.jpg
NIKON F601
AF ZOOM NIKKOR 70-210mm 1:4-5.6 S
NEOPAN 400 PREST
MINOLTA DIMAGE SCAN DUALⅡ
撮影日:1994年
東山動物園にて

ゾウさんの優しい目が大好きです。



「ぞうさん」
まど・みちお作詞/團伊玖磨作曲


ぞうさん
ぞうさん
おはなが ながいのね
そうよ
かあさんも ながいのよ

ぞうさん
ぞうさん
だあれが すきなの
あのね
かあさんが すきなのよ

[PR]
by gaku0107boo | 2010-04-24 18:48 | 懐かしのフィルム | Trackback | Comments(26)

さくら咲くころ

f0159784_2354814.jpg
f0159784_23541764.jpg
f0159784_2354306.jpg
f0159784_23544278.jpg
f0159784_23545652.jpg
CONTAX 167MT
PLANAR 1.4/85 T*
NEOPAN 400 PREST
MINOLTA DIMAGE SCAN DUALⅡ

私も桜を撮りました・・・と言っても、上の画像はちょうど14年前、1996年のものです。
場所は名古屋堀川の上流部で、黒川といいます。
ここの桜もたいへん見ごたえがあってキレイです。

More・・・14年前の願い
[PR]
by gaku0107boo | 2010-04-04 00:18 | 懐かしのフィルム | Trackback | Comments(34)

もうすぐこんな季節・・・

このところホンワカ暖かくなって、気持ち良いですね。
かく言う私は夜勤でホンワカタイムは寝てることが多いです。・・・なんとなくもったいない。^^
しかし、ホンワカもやがてアッチーになります。
古い写真でちょっと先取りしてみました。

f0159784_1742613.jpg
f0159784_17391930.jpg
f0159784_1740389.jpg
f0159784_17405245.jpg
f0159784_1741124.jpg


NIKON F90X
TOKINA AT-X 28-70mm F2.8
NEOPAN 400 PREST
CANOSCAN 8800F
撮影日 : 1997年6月5日
愛知県 美浜町河和海岸にて
[PR]
by gaku0107boo | 2010-02-24 17:48 | 懐かしのフィルム | Trackback | Comments(32)

寝かせて味が出てくる写真

・・・といっても、私の主観によるものではありますが、当時(約16年前)には
いずれもプリントする候補にも挙がらなかった写真です。
しかし、最近古いネガを掘り起こすことが多く、(写真をあまり撮ってないので・・・^^;)
こうした、「おっ、これなかなかいい感じだがね」というネガを見つけるのが
楽しくなってきました。
ホントはもっとカメラを持ち出して撮らなくてはいけないのですが、・・・寒いの辛い!

f0159784_04821.jpg
f0159784_0481211.jpg
CONTAX 167MT
PLANAR 1.4/85 T*
KODAK Tri-X (T-MAX デベロッパー処理)
CANOSCAN 8800F
[PR]
by gaku0107boo | 2010-01-17 00:55 | 懐かしのフィルム | Trackback | Comments(34)

在りし日の名鉄谷汲線

今から13年前、1996年11月の画像です。
当時、一度は乗ってみたかった「丸窓電車、510型」に乗る為に、
あるいは、乗れなくても間近で見るために、名鉄揖斐線まで行ったんです。

黒野駅です。2005年、揖斐線の廃止と共にその役目を終えました。
もう見ることができない風景となってしまいました。
右側に丸窓電車が!谷汲からの帰りに乗って帰る予定に。(嬉!)
f0159784_22102695.jpg


これまた古い木造電車に揺られて、谷汲駅に向かいました。
その車内の光景です。
上の写真の中央の電車です。
f0159784_22143818.jpg


谷汲駅です。揖斐線全廃に先立つこと4年、2001年に谷汲線の廃止で、
駅としての役目を終えました。
この日は日曜日で、谷汲山を訪れる人がけっこう多かったみたいですね。
紅葉もキレイでした。
f0159784_2215376.jpg


憧れの510型丸窓電車!折りしも谷汲線開通70周年の記念電車です。
わずか5年後に谷汲線が姿を消してしまうとは、この時は考えもしませんでした。
f0159784_22201188.jpg


車内は満員でしたが、運よく運転席の後ろに陣取ることができました。
子供のころから座るより立って運転席の後ろにいるのが大好きでした。
そんな方も多いんでは?
f0159784_22253411.jpg


もう思い出しただけで涙が出そうなくらいの光景です。
f0159784_2227636.jpg


すべてもう二度と見ることができない風景なんです。
今のいろいろな風景もいずれは見られなくなることがあるかもしれません。
皆様、がんばって写真を撮りましょうね。


NIKON F601
TOKINA AF 28-70mm 1:2.8
1~3 KODAK Tri-X
4~6 FUJI NEOPAN 400PREST
CANOSCAN 8800F

More・・・このフィルムについてのヨモヤマ話です。
[PR]
by gaku0107boo | 2009-11-05 22:51 | 懐かしのフィルム | Trackback | Comments(30)

海水槽・・・なんでものめり込む私です。

今から10年ほど前のことです。
子供のころから生物を飼うのが好きな私は、ある写真がきっかけで、
子供のころの夢を追いかけて、60センチ水槽を買い、海の生き物を
飼うなんて大それたことをしたことがあるんです。
もちろんそれまで経験なんてありませんでした。
まァ、そんな時のネガを見つけましたので、アップしてみよかな~なんて。^^

ホンヤドカリと巻貝(名前がわかりません)
巻貝はかなり長生きしてくれて、水槽に付く藻などを食べてくれました。
f0159784_22431398.jpg


ホンヤドカリですが、後にケアシホンヤドカリ、イソヨコバサミ、ユビナガホンヤドカリが
仲間に入りました。
f0159784_22471172.jpg


イソスジエビあるいはスジエビモドキです。・・・どちらか私には見分けがつきませんでした。
水槽の中を一番優雅に泳いでいました。ちりめんじゃこが大好きだったようです。
f0159784_22491182.jpg
f0159784_22514628.jpg


ギンポの仲間でしょうか。あまり動きませんでしたが、ときどきヤドカリに
ちょっかいを出していました。
f0159784_22544318.jpg


これもギンポなんでしょうけど、上のとは随分顔つきが違いますね~。
f0159784_2255469.jpg


ハゼ・・・かな?3倍くらいの大きさになりました。
f0159784_22565644.jpg


カニです。・・・そのまんまです。^^;たぶんイソガニだと思うんですが・・・。
f0159784_22583943.jpg

NIKON FE2
Ai AF MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8S
Ai MICRO Nikkor 55mm 1:2.8s
KONICA L200
FUJI SHR400
CANOSCAN 8800F

この画像は初期のころで、この後ライブロックなどが入って、いい感じだったんですョ。

お気づきの通り、私は海の生物の名前もあやふやの状態で3年半飼っていたんです。
しかし、メンテナンスが非常に大変で、しかも本来海で自由に生きてる生物たちを
私の趣味でこんな小さな水槽に連れてきて、しかも死なせてしまうことがほとんどだったのが
心苦しくなってきました。
ある日、水槽に生きてる生き物をポリタンクに入れて、海まで行き、戻してやりました。
そんなわけで、いろいろ楽しませてもらった生き物に感謝しながら私の海水槽のお遊びも終わりました。
[PR]
by gaku0107boo | 2009-10-22 23:10 | 懐かしのフィルム | Trackback | Comments(32)

思い出の北海道

今から16年以上前のことです。
私とカミさんは、北海道に旅行に行ったのでした。
探せば見つかるもので、当時のネガを発見したのでした。

晴天の摩周湖です。
f0159784_6423520.jpg


小樽ですが、やっぱり定番通りの写真を撮ってました。
f0159784_64475.jpg


層雲峡の銀河の滝です。あ、流星の滝だったかな?
間違ってたらすいません。
f0159784_6452269.jpg


NIKON F601
TOKINA 28-70mm f2.8
摩周湖の写真は、KODAK GOLD 400
小樽と層雲峡は、KODAK EKTAR 100
CANOSCAN 8800F

EKTAR100はもちろん先代のタイプです。他にEKTAR25なんてのもありましたねー。
このフィルム、粒状性は今のタイプには及びませんが、色乗りは保存状態が
決して良くなかったにもかかわらず、見事なものです。
GOLD400はやや退色しておりまして、当時の記憶を頼りにレタッチで復元しました。
摩周湖はすばらしく美しかったので、イメージはこんな感じなんです。
・・・少々ベッタリした色目になってしまいましたけど・・・。^^;
[PR]
by gaku0107boo | 2009-07-09 07:01 | 懐かしのフィルム | Trackback | Comments(40)