岳の父ちゃんの PhotoBlog

タグ:C90MAK ( 4 ) タグの人気記事

台風直前の天体撮影(汗)

台風5号が接近中です。

今現在(8/7 21:00)、外は風雨が強まってきています。

でも、昨日の夜は薄雲越しながらお月さんや土星が観えていたんですね。

お月さんの光に誘われて久しぶりに望遠鏡をセットしました。

f0159784_20475724.jpg
嵐の大洋付近

あ、いえね、わざとこのあたりを狙ったというわけではありません。

満月直前のお月さん、クレーターが見えている場所を撮ったら

たまたまそこが「嵐の大洋」だったんです。

あ、雨強くなってきたかな?


f0159784_20585782.jpg
土星、輪がほぼ満開です。

嵐の前だったけど、よく見えていました。

去年まで撮り続けた土星がこちらにあります。

だんだん開いてきていたので、今度は閉じて?いきます。


台風が過ぎ去ったらまた見てみましょう。^^



Celestron C90MAK
Pentax Q7
ビクセン2倍バローレンズ31.7Tにて拡大撮影
jpeg画像約20コマスタック(土星)



因みに撮影風景です。
f0159784_21070736.jpg






[PR]
by gaku0107boo | 2017-08-07 21:08 | | Trackback | Comments(8)

月齢6.6 161106

f0159784_20403753.jpg
そろそろ冷たい空気が上空に入ってきて

望遠鏡で観るお月さんはユラユラと揺れが激しくなりつつあります。

今年は比較的気流状態のいい時期に天候不順が続きまして、

夏以降はあまりお月さんを撮れませんでした。

天気がようやく安定してきたこの時期は

前述のように気流が悪くなります。

でも、美しいお月さんが空に見えていると

クッキリとは撮れませんが、

どうしても撮りたくなるんですよね。^^


あ゛、

右下が欠損してますね。(汗)

・・・ワタクシの大失敗であります。わっはっは~。せっかく撮ったのに・・・。(T-T)

見て欲しかったのは拡大撮影したこの画像です。
f0159784_20405541.jpg
ほぼ中央に右上がり並びでクレーターが並んでおりますね。

一番上のクレーター、テオフィルス といいますが、

その中にゲンコツのような形があります。

ワタクシは勝手に

「月面ゲンコツ」と呼んでおります。^^




CELESTRON C90MAK
Pentax Q7

一枚目・・・C90MAKによる直接焦点撮影をモザイク合成
二枚目・・・C90MAKとMeade2倍バローレンズによる拡大撮影



  


[PR]
by gaku0107boo | 2016-11-06 21:03 | | Trackback | Comments(10)

一年ごとの土星の見かけの変化



2013 5/2
f0159784_10250534.jpg

2014 5/31
f0159784_10251592.jpg

2015 5/1
f0159784_10252356.jpg

2016 6/18
f0159784_10253068.jpg
Celestron C90MAK
タカハシ FC-100
Pentax Q
Pentax Q7


デジカメで土星を撮り始めて今回で6年目となりました。

そのうちの最近の4年分を集めてみました。

一年ごとに少しずつ"輪っか"がこちらに向いてきているのがわかりますね。

今がほぼ満開の見頃なのであります。



トリミングがエエ加減で、それぞれ画像での大きさや傾きが不揃いなのはご容赦お願いします。(汗)




因みに5年前に撮った土星は・・・・
[PR]
by gaku0107boo | 2016-06-25 10:39 | | Trackback | Comments(12)

Celestron C90 MAK ファーストライト

久し振りの機材ネタでございます。(更新もいつもながら久し振り^^;)

Celestron C90 MAK、マクストフカセグレンの望遠鏡です。
簡単にいえば一眼レフ用のミラーレンズのようなものでありまして(ホント?)、ショップではスポッティングスコープとして販売されているところが多いです。
大阪の協栄産業さんにて購入しました。
ネットでいろいろ情報やインプレを見ていましたが、評判は大変よろしいようで、それにもまして19.800円(2012年購入当時)という価格は私のふところ具合にも大変マッチしているのがうれしかったですね。^^・・・これまた久し振りの“自分へのご褒美”であります。^^

f0159784_18383175.jpg
(赤道儀は米オライオンミニEQ卓上赤道儀です。)

詳しい仕様などはここでは割愛しますが、最初に見た印象は実にしっかり作ってあるスコープという印象ですね。
子細にみるとファインダーやアイピースがチャチかったりして(実用は十分です。)、値段相応ではありますが、全体としては好印象です。

一番肝心な光学性能ですが、いきなり寒い外に持ち出したために温度順応などまったくしてなかったにもかかわらず、お月さんはクッキリキレイによく見えました。
口径が90mm(このタイプとしては小口径)ということが起因しているんでしょうか。
なにぶん低空の月で、さらに気流状態はけっしてよくなかったにもかかわらず見え味はかなり良かったです。
評判通りのなかなか素晴らしい光学系ですね。
そしてなにより日頃長焦点屈折を使ってきた私には本体の小ささ(短さ)からくる取りまわしのよさが感動的ですらありました。

早速写真も撮ってみました。
f0159784_18524473.jpg
Nikon D7000
直接焦点撮影

ややピントがずれていて、しかも風が強くてブレも少々あります。気流状態ももうひとつかな~。
・・・性能をまったく引き出せなかった自分が情けないなァ。(汗)
まァ、それを考えたらすごくよく写る光学系といえると思います。
大気の安定した条件で月の拡大や、惑星もはやく撮ってみたいものです。

追加画像デス。

f0159784_2324592.jpg

Pentax Q
直接焦点
17枚コンポジット
ウェーブレット変換画像処理

この記事をアップした後、木星を撮ってみました。
空の透明度は良かったのですが、お月さんの時同様、気流があまりよろしくなかったみたいです。

でも、なんとか大赤班は写りました。・・・最近大赤班がさらに薄いみたいな・・・。


どのオーナーの皆様もおっしゃるとおり、コストパフォーマンスの素晴らしい望遠鏡です。


    <4/21追記>

この記事にアクセスが多くて驚いております。皆様見ていただいてありがとうございます。
確かにC90MAKに関する情報は少ないようですねー。
そこで、見ていただいている方に、この望遠鏡で撮った画像をどんどん追記していきたいと思います。
早速、2013年4月に土星をシーズン初撮りいたしました。

f0159784_0584164.jpg

Pentax Qによる直接焦点撮影で、jpeg画像を14枚スタックしております。
気流の安定してきた4月ということで、私が今まで撮った土星としてはかなり満足であります。
・・・ピントなど、まだまだツッコミどころもあると思いますが・・。^^;
上の画像、こちらにアップしております。・・・誘導してるゥ~。(笑)



<4/27追記>
f0159784_1324759.jpg

前回から一週間後の土星です。って、土星自体は殆ど(全然)変わっているわけではありませんけど、
この土星はスタック無しです。ウェーブレット変換処理はしました。
大きさの違いはトリミングによる違いであります。
やはりPentax Qで直接焦点撮影です。
因みにシーイングは前回よりもやや悪いです。


f0159784_1373116.jpg

同夜のお月さん。
Pentax Qによる直接焦点撮影ですので、結構大きく写ります。
・・・少しブレてしまいました。
特筆すべきは、当然かもしれませんがアクロマートに比べて色収差が殆ど無いことですね。
しっかり温度順応させて、好シーイングで撮ればアポクロマート並みではないでしょうか。

<5/2 追記>
f0159784_0434857.jpg

今までよりも大きくトリミングしてみました。
うーむ、だんだんエエ感じになってきましたな~。(ドヤ顔)

直接焦点撮影には変わりないのですが、温度順応はしっかり行いました。
そのせいかどうかはわかりませんが、本体と輪の濃淡がよく出ました。
シーイングもまずまずといったところでした。

スタックは4コマです。・・・固定撮影なので、動いている土星をフォトショで無理矢理中央にして切り取り、スタックしたため、かなり手間取って4コマにとどまりました。
例によってウェーブレット変換とレベル補正を行っております。
まだまだよく写せそうな気がしてます。頑張るゾ。^^v

<7/20 追記>
しばらく梅雨だの、へばって外にでるのが億劫だので、撮影回数が激減してまして・・・・。
そんなんだからまともな画像も撮れませんでしたデス。
でも、久しぶりにやる気を起こして撮ったお月さん、なかなかエエ感じに撮れましたので追加アップさせていただくこととしました。
f0159784_23451148.jpg

シーイングは3/5~4/5といったところでしょうか。
外も家の中も暑かったせいか、温度順応もほとんどいらないみたいです。
素晴らしい解像を示してくれてます。そして色収差がほとんどないためかコントラストも良好です。
願わくば今度は赤道儀にて自動追尾し、日周運動によるブレを最小にしてみたいと思っております。
(最初の方の木星と土星以外はK型経緯台に載せて撮っております。)



<2014 5/3 追記>
ムッチャンコ久しぶりの追記であります。
新たに記事にしようかと思ったんですが・・・・。そのうち同じ画像を使って更新するかも・・・せこい!
5月2日の夜に撮った火星であります。
f0159784_112082.jpg

Celestron C90 MAK(当然ですが。^^;)
直接焦点
SP赤道儀にて自動追尾
約30コマjpegスタック
トリミング

画像としてはまだまだぜんぜんダメですが、昔、フィルムで撮っていたころの火星は10センチでも正直ここまで模様を写すのは私にはできませんでした。
いい時代になったものです。

<2015 12/24>
相変わらず多くの方々に見ていただいて大変うれしいです。
久しぶりに追記します。

最近はこんな風に使ってます。
C90MAKと半自作片持ちフォーク式赤道儀
C90MAKと半自作片持ちフォーク式赤道儀 posted by (C)岳の父ちゃん

赤経体はスーパーポラリスです。
少し前の画像ですので、現在は赤経体がGPになってます。



 



   

[PR]
by gaku0107boo | 2012-11-18 19:08 | 機材など | Trackback | Comments(40)