人気ブログランキング |

岳の父ちゃんの PhotoBlog

コダック テクニカルパン2415というフィルム

今から30年以上前のことです。コダックテクニカルパン2415というフィルム

どこで入手したのか憶えていないのですが、(たぶんトップカメラ)いわゆるコピーフィルムであります。

一般にコピーフィルムはその特性から一般の撮影にはとても使えない超硬調でありまして、

そのために超軟調現像液で処理する必要があったわけです。

天体写真の世界では、もっと前からフジのミニコピーフィルム(やはり超微粒子&超高解像)を超軟調現像液(POTA)で

処理している方々がおられました。

しかしながら、POTAという現像液は市販されていなかったため、自分で薬品を調合する必要があったわけです。

でも、私には調合するための天秤ばかりもサジも無く、そもそも薬品そのものが入手できませんでしたので、

とてもハードルの高いものでした。

ところが、その超微粒子&超高解像度を一般の撮影にも使うためのテクニカルパン2415と

現像液(テクニドール)キットが販売されたんですね。

たしかすぐに買いに走ったと記憶してます。

感度は確かASA25相当だったと思います。

撮影して現像したところ、処理が非常にシビアであることがわかり、

その難しさと低感度の使いにくさから現像は一回しただけで、

次に買おうとしたときはすでにディスコンになっておりました。

以下の画像は私が唯一現像したテクニカルパンであります。

f0159784_22551962.jpg
f0159784_22553178.jpg
f0159784_22552750.jpg
f0159784_22554039.jpg
f0159784_22553598.jpg
f0159784_00041003.jpg
Nikon newFM2
Ai Nikkor 35mm F2.8S
Kodak TP2415 (テクニドールLC処理)
CanoScan 8800F



最後の画像は私の40数年来の友人であるK氏であります。
若いですな~。
私も若かったし・・・。
彼はなんとこの当時からコンタックスRTSⅡとプラナー100mmF2を使いこなしておりました。
(画像ではミノルタα7000を使ってます。)

何しろネガの劣化が目立ちまして、
尚且つ縮小圧縮してますので、その美しさは伝わらないと思います。
それに現像が下手でネガが硬調になり、トーンの出方が悪いデス。
ピントが悪いとか、腕も無いのですが…(汗)
でも、当時は2号の印画紙(軟調)でプリントし、
その高解像と、見えないほどの超微粒子には舌を巻いたものです。

この記事を書くきっかけというのが、
ある人気ブロガー様の記事を読みまして
昔を思い出して懐かしさのあまり
ネガを探したら・・・・、
あるものですね~。
本棚にちゃんと保管しておりました。


ありがとうございました。N様。



















by gaku0107boo | 2016-04-23 23:17 | 懐かしのフィルム | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : https://gaku8pp.exblog.jp/tb/25154328
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maou2929 at 2016-04-24 08:32
凄いですねぇ自分で現像してしまうとこが
我が家は、親父がカメラマンという事もあったので暗室(現像室)が小さい時からありましたけど岳の父ちゃんさんはどこでやられたのですか?

若い時の友人や自分を見るとホント歳を食ったなぁって思いますよね(苦笑)
Commented by gaku0107boo at 2016-04-24 09:02
魔王さん、おはようございます!
自分で現像するようになりますと、出来上がったネガにワクワクして完全にハマりますよ。
残念ながら今は住宅事情から無理ですが、またいつかはやってみたいと思っております。

若いころの暗室は、いわゆるお座敷暗室というものでして、部屋を一室暗幕で囲っておりました。
そりゃもう大掛かりでしたので、頻繁にはできなかったですね。^^

写真の友人、数年前に電話でしゃべったきり話していなく、年賀状だけで安否をしるだけですが、今も子供を中心に元気で写真を撮っているようです。
彼とは同じ中学校の卓球部で汗を流して以来の付き合いなんです。
・・・写真はワタクシのほうが先輩デス。(笑)
こんど電話でもしてみようかなぁ・・・。
Commented by sabunikon at 2016-04-24 16:28
Tri-XとPlus-Xしか知らなかったなんちゃって高校写真部員はコピーフィルムの存在すら知らなかったです。
今もあれば、開放バカにぴったりのフィルムなのですぐにのめりこんだかもしれません。(笑)
PCで見ても解像度の高さがうかがえますね。
Commented by gaku0107boo at 2016-04-24 16:59
>sabunikonさん、こんにちわ!
Tri-XとPlus-X、私もほとんどこればっかりでしたよ。^^
この二つを使っていることが、なんだかとってもエライことのような錯覚をしてたものです。
でも、この二つで失敗を繰り返しながらたくさん学びました。

今思えば、当時はレンズの性能を引き出すためにフィルムや現像に力を注いでいた気がします。
だからASA(いまならISO)25なんてフィルムもアリだったんですね。
たしかにイヤでも開放付近を使うことになりますね。
デジタルには何故ISO25がないのかなと思えてくるから不思議ですよね。^^
Commented by nuran at 2016-04-25 18:45
とうちゃんの世界は、夢の玉手箱であられたのですな
アッシにゃー、未知の世界でありんすが、えぇもんですな
手がけたという感じのところがたまらんです
中学の卓球部っつぅところが共通してますな、唯一、笑
真髄を知っているというのは、なにより強いことですぞ
ワシはなんも知らんですが、ガンバりまっせ
Commented by gaku0107boo at 2016-04-25 20:43
>kaoちゃん、こんばんわ!
夢の玉手箱ですかぁ、なんかアッシに似合わないようなメルヘンの世界ですな~。
アッシにとっては良き想い出でもあり、過ぎし日の郷愁でもあります。
・・・今ではほとんど役に立たない頭の中のメモリーにすぎません。
でも、あの頃は今と違う「鼻息の荒さ」を持ってましたな。

卓球部であられましたか!
ぜひ今度お手合わせを・・・って、もう体が言うことをきいてくれませんがな。(笑)
Commented at 2016-04-26 08:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gaku0107boo at 2016-04-26 21:17
>鍵コメさん、こんばんわ!
後ほど伺いますね~。
Commented at 2016-04-26 23:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gaku0107boo at 2016-04-27 21:48
>鍵コメさん、後ほど伺いま~す。
Commented at 2016-04-28 00:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gaku0107boo at 2016-04-28 19:22
>鍵コメさん、伺いま~す。
Commented at 2016-04-28 22:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gaku0107boo at 2016-04-28 23:20
>鍵コメさん、感謝感激です。
ありがとうございます。
Commented by silvergray at 2016-04-29 08:46 x
こんにちは。
コピーフィルムなる言葉を初めて聞(見)きました。
マイクロフィルム作成などの仕事に使われていたのでしょうか。
過って勤めていた会社で保存期間を過ぎた図面をマイクロフィルムに作成依頼していた時期がありましたが、どうして小さなフィルムに微細な線情報が記録できるのか不思議でしたが、こういったフィルムの存在があったということでしょうか。
違ったとしても、今回たいへん勉強になりました。m(__)m
一枚目の写真もいいですね!
(Nさんのブログ、わたしも見ています。)

Commented at 2016-04-29 13:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gaku0107boo at 2016-04-29 18:31
>silvergrayさん、こんにちわ!
私もコピーフィルムがどのように使われていたのかは詳しくは知りませんが、やはり図面や文献などに使われていたと聞いたことがあります。
このフィルムの超微粒子と超高解像は驚くべきほどで、尚且つ超高調なんです。
図面や文献をマイクロフィルムにコピーしてたのも納得します。

135フィルムで4x5並みの写真が出来ると当時は言われていました。
まぁ、それは少しオーバーですが、でも、たしかにそれに迫る美しさを得られました。

一枚目、踏切で停車中の車からです。
なので、フロントガラス越しなんですよ。^^
Commented by gaku0107boo at 2016-04-29 18:32
>鍵コメさん、重ね重ねお礼申し上げます。
楽しみにしておりま~す。
Commented at 2016-04-30 22:08
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gaku0107boo at 2016-05-01 07:38
>鍵コメさん、おはようございます!
伺いま~す。
Commented by alpinism2 at 2016-05-02 11:18
テクニカルパン2415ですか!
30年ぐらいは記憶から消え去ってました(^-^;
天体写真でも使われてましたよね~
私はもっぱらトライXにパンドール4倍増感でしたが…
使いこなしの難しいフィルムだったようですが、しっかりと撮られてますね!
Commented by gaku0107boo at 2016-05-02 11:49
>alpinismさん、こんにちわ!
私も実は記憶から消えておりましたよ。^^
当時はTP2415の水素増感が盛んに行われて、当時としてはスゴイ写真が登場してましたね。

トライXにパンドール、これもまた懐かしいですね。
私もまったく同じでした。
でも名古屋近郊でしたので、調子に乗って増感したら真っ黒けっけということもよくありました。^^;

今は水素増感とか、大掛かり?なことをしなくてもスゴイ写真が撮れるようになって、隔世の感がありますね。^^