岳の父ちゃんの PhotoBlog

お月さんについて、薀蓄をタレてみた。

その一
f0159784_20380294.jpg
11月11日の月齢3.7のお月さんです。

さて、ご覧になって最初に思い付く言葉は「三日月」ではなかったでしょうか?

ところが、三日月ではないんです。

暦でいうところの三日月とは、新月を初日として三日目の月のことをいいます。

実際の三日月は・・・・、

f0159784_20393632.jpg
月齢 2.2 (2014 5/1撮影です。)


こんなに細いお月さん、とっても撮るのが大変なのです。(ワタクシ的にですが)

何しろ日没後の西の空低く見えるんですが、日の長い夏場は太陽が邪魔で

良く見えません。それにワタクシ、その時間はまだ仕事に拘束されて

いることが殆どで、なにも用事がない休日しか撮れません。

尚且つ雲に遮られていない好天であることが条件なんです。

上の画像はそんな条件がそろった時に、やっと撮ったものです。

三日月とはこんなに細いんですね。

別名「眉月」とも言います。


でも、こんな型に嵌めるのも一般的ではないですよね。

そう、三日月型というのは最初の画像でもいいと思います。



その二

f0159784_20380763.jpg
11月15日撮影です。

上弦のほんの少し手前のお月さんです。

じつは今年の5月に、日本のアマチュア天文家によって見つけられた

とっても素敵なものが写っているんですね。

それは・・・・、

f0159784_20374641.jpg
ゴチャゴチャと“入れて”ますが、メインは「月面LOVE」であります。

L O V E の文字が月面上に現れるんですね。

・・・残念ながらEとLはまだ見てていません。

Oは月のどこにでもあるかと・・・。(笑)

もう少し待てばEとLが見えてきますが、どうもVが消えて見えなくなりそうです。

LOVEの文字が同時に見えるのはなかなかレアな出来事と思います。


因みに、Xは「月面X」として随分前から有名でして、ワタクシの拙ブログでも取り上げたことが

・・・あったけ?うーん、失念。(大汗)




「月面ゲンコツ」については、ワタクシが勝手に付けました。わっはっは。

まるで「グー」をしているような形がクレーターの中に見えたんです。

もちろん、詳しく拡大すれば全然違うんですが・・・。

これは取り上げたことがあります。

こちら


まぁ、何と言いましょか、薀蓄というより「他人のふんどし」「受け売り」的知識ではあります。

どうかお許しくださいませ。m(_ _)m




撮影機材
Mizar GT-68
Pentax Q7
直接焦点撮影







[PR]
by gaku0107boo | 2018-11-16 21:19 | | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : https://gaku8pp.exblog.jp/tb/30168336
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pirokinpirokin at 2018-11-17 06:55
三日月!勉強になりました?( -_・)?
文字を探したり
いろいろ楽しみかたがありますね!( ☆∀☆)
Commented at 2018-11-17 06:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hoshigaoka at 2018-11-17 12:11 x
こんにちは!

天文写真もやっていらしたのですね♪
三日月が「三日目の月」のことを言うとは知りませんでした。
見過ごしてしまいそうな細さなんですね。

クレーターって隕石との衝突でできたものですよね?
こんなにいっぱいあるんですね。
今でも衝突とかあるのでしょうかね??
Commented by yukiyamama at 2018-11-17 15:41
三日月は 私なら別名「猫の爪」と名付けます。
ちょっと寒くなって 夜月を見るのが億劫になってしまいました・・
私ってロマンチストではないのよね・・・
Commented by silvergray2 at 2018-11-17 17:40
三日月、書いて字のごとし、納得です。
眉月、こちらのほうが艶っぽいですね。
「月面ゲンコツ」改めて確認いたしました。
ぴったし!広く知らしめるべき!
Commented by blackfacesheep2 at 2018-11-17 21:51
三日月、語源を考えれば、新月とそんなに変わらないはずですよね。
でも、半月までの間は全部、三日月と考えるアバウトな人間です。(;・∀・)
月面LOVEですか~、よう見つけますねえ、素晴らしい。
私は「顔写真」とか、すこぶる弱いです。
反応が悪くて見つけられないんですよね。
だから、「出る」と言われる心霊スポットに行っても、な~んにも見えませんし、な~んにも感じません。(;・∀・)
Commented by gaku0107boo at 2018-11-17 23:10
>pirokinさん、こんばんわ!
いえいえ、本文のとおり殆どは他の所からの受け売りであります。お恥ずかしい・・・。^^;
じつはワタクシもわりと最近(といっても、40年くらい前?汗)まで、月齢3イコール三日月と思っていたんですね。
天文書をむさぼっていたころに一体何を勉強していたんでしょうね。(笑)
Commented by gaku0107boo at 2018-11-17 23:12
>鍵コメさん、こんばんわ!
わっはっは~、じつは学生の頃にそんな立場になりたいなどと、恐れ多いことを考えていたこともあったんですが、・・・まったく夢に終わってしまいました。(笑)
どうぞどうぞ、かくいうワタクシもその通りですから、どんどんと~。v^^
Commented by gaku0107boo at 2018-11-17 23:35
>hoshigaokaさん、こんばんわ!
ハイ、天体写真は中学二年の頃から撮っておりまして現在は機材とデジタル技術に助けられながら、なんとか今日まで続いております。^^
三日月のこと、じつはワタクシが知ったのも大人になってからでして、それまでは友人などに得意げに四日月を三日月だと能書きタレてました。(汗)

クレーターはおっしゃる通り隕石の衝突によるものですね。
宇宙的時間の中では今でも衝突があるといってもいいと思います。
もちろん月が誕生したばかりの頃は太陽系も混沌としてましたので、衝突も多かったとは思いますが、人間の時間で測ると、あまりにも壮大過ぎてピンときませんですよね。^^
Commented by gaku0107boo at 2018-11-17 23:41
>美夕ママさん、こんばんわ!
猫の爪・・・、すっごくわかります!
岳が旅立ってしまって2か月くらい経ったころに、部屋の隅でたまたま見つけた岳の爪、思わず鼻がツーンとなったものです。
そしてこういう三日月型のお月さんを見ると岳を思い出してしまって・・・。(T-T)

これから寒くなって、夜空を見上げるのは辛いですね。
そんな時に外で望遠鏡をいじっているようなワタクシのようなもの、ハッキリ言って変人であります。
決してロマンチックではないですよ。^^
寒空の下にいて風邪をひくのはよくありませんデス。(笑)
Commented by gaku0107boo at 2018-11-17 23:48
>silvergrayさん、こんばんわ!
各月齢による月の呼び名、いろいろありまして、まだまだワタクシがエラそうにいえるほど知識が成熟しておりませんデス。(汗)
眉月、ワタクシもこの呼び名は大好きですねぇ。^^

月面ゲンコツ、ほかにそう思っている人がいるか調べてみましたが、まったくヒットしませんですね。
これが広まったりしたら・・・、なんだかこっ恥ずかしいであります。
「名古屋のアマチュア天文家が見つけたゲンコツ・・・」な~んちゃって~。(爆)
Commented by gaku0107boo at 2018-11-17 23:54
>Nobさん、こんばんわ!
ワタクシも堅苦しいククリは無しで、半月までのやや弓なりのお月さんは「三日月」でもいいと思いますよ。^^
ワタクシもどっちかというとアバウト人間でありますから。(笑)

>「出る」と言われる心霊スポットに行っても
でも、な~んにも見えませんし、な~んにも感じません。

でも、そう思っていて、もし見えたり感じたりしたら、恐怖は倍増ですよ。(汗)
なので、ワタクシはそういったスポットには近づきません!・・・恐いのイヤ~。(大汗)
Commented by film-gasoline at 2018-11-18 09:06
おはようございます^^
すっごいロマンのあるお話ですね~♪
「月面ゲンコツ」これツボりました^^
火星の人面岩とかNASAがひた隠しする秘密とか、そういうの大好物なんです。
もちろん、三日月のお話もためになりました(^^)v
また色々教えてくださいね。
Commented by gaku0107boo at 2018-11-18 09:31
>Filmgasoさん、おはようございます!
この“ゲンコツ”を最初に見たのが、近隣にある公共の天文台でした。
詳しく見ると指が1本少ないんですよ。
これはまさしくエイリアンのゲンコツではないかと・・・。^^
このゲンコツにしても、火星の人面岩にしても、高解像で見ると、そうは見えなくなってしまいます。
でも、そういうことを言ってしまうのも無粋ですよね。
ワタクシ、このゲンコツが見える月齢が楽しくてしかたがありません。
それでいいのだ~。^^
Commented by mrxnoshyashinkan at 2018-11-18 10:36
月を良く観察してるのですね。
私は撮るだけで必死でそこまで見えていません。
しかも、こんなに大きく高解像度で撮れません。
その ViXEN PORTAが、
今日は娘婿家族に引き取られていきます。
Commented by gaku0107boo at 2018-11-18 11:02
>Mr.Xさん、こんにちわ!
月というものは何年経っても同じ地形が観られるわけでして、でも、光の当たり方や角度で微妙に違って見えるのが面白いんですよね。^^
・・・ほんとに微妙なんですが。^^;

ポルタがお嫁入するんですね。
活躍の場を変えてきっと皆さんを楽しませてくれるんでしょうね。
ポルタがお嫁入ということは、そのあとは何か新しい機材でも購入されたんでしょうか?
もしそうならまた紹介してくださいませ。v^^
Commented by club_yume_ututu at 2018-11-18 12:55
こんにちは。
gaku0107boo さまの天体写真に魅入りました。
中学二年の頃から撮っていらっしゃるとのこと、お見事です♪ とっても感動しました。

「月面LOVE」も素敵です。 ワタクシも撮ってみたい。
あっ、昨晩も流星群に酔ってきました^^
Commented by gaku0107boo at 2018-11-18 13:26
>club_yume_ututuさん、こんにちわ!
中学二年のころから撮っているといいましても、やはりよくあるパターンで、けっこうブランクがあったりします。
ブランクの間に主流がデジタルになって、しばらくは取り残された遺物のように「置いてけぼり感」がありましたが、ようやく最近になってついていくことが出来るようになった次第です。^^
昨今のデジタル技術、そんな取り残されていたワタクシでもしっかりと助けてくれましたね。^^

流星群、なんとも羨ましい限りです。
若い頃のようにワタクシも流れ星を追いかけて、綺麗な空の下で酔ってみたいです。
そんな仲間がちかくに居たら嬉しいんですけどね~。^^
Commented by horopyonn-0624 at 2018-11-18 17:36
へ~、そうなんだ!
ほ~、知らなかった。。。

「ボ~と生きてんじゃね~よ!」って
チコちゃんに叱られるの
間違いないぎんネコです(^-^;
Commented by hikaridokei at 2018-11-18 17:38
「月面LOVE」絶対見つけてほしいです!
Eは難しそうですがLなら見つかるかも♪
秋の夜が楽しみになりました^^
Commented by gaku0107boo at 2018-11-18 19:09
>ぎんネコさん、こんばんわ!
チコちゃん、ワタクシも楽しみに見てますよ~。^^
ワタクシも怒られてばっかりデス。^^
ボ~と生きてますから。(笑)

でも、ワタクシがこうしてエラそうに能書きタレることが出来たのも、ちゃんと教えてくれた人がいたからなんです。
こういう豆知識はどんどん伝達していきましょう。
そしてエラそうに(笑)ドヤ顔すると気持ちエエです。v^^
Commented by gaku0107boo at 2018-11-18 19:15
>光時計さん、こんばんわ!
書き忘れていましたが、Eは実は裏返しなんですね。
そしてこのLOVEが同時に見える瞬間はかなりタイトな時間内と思われます。
これは大変ですぞぉ~。(笑)
撮れた暁には必ずお見せすることをお約束いたします。

もしくは、ちょっとインチキして、見える部分を合成しようかなと・・・。
・・・やっぱりインチキはダメですね。
根気よく探します。^^
LOVEには根気が必要?
Commented by auf1028 at 2018-11-18 23:23
実際の三日月は見えても低いので望遠鏡で見てもゆらゆら
で細かいところは見えないですよね,普通は.この写真は
とても良く写っていますね.

普通の人に見せて感心されるのが月ですよね.木星や火星
では「へ?」って感じで.(笑) 星雲なんか天体写真集
を見てる人は眼視でもそう見えると思ってるからがっかりされますね.(笑)

Commented by gaku0107boo at 2018-11-19 18:37
>aufさん、こんばんわ!
やはり月という天体は距離も近いし、一番馴染み深いんでしょうね。
こうしてブログにアップするには月はインパクトがあると思い、ときどきドヤ顔しながら(笑)ご披露してるわけです。←いやな奴ですなぁ。

三日月がキレイに撮れたのが、この画像が最後です。
その後は惨敗続きですね。
ほんと低空の細い月は狙い甲斐があります。^^

ほんとは天体の美しさ、神秘さを知ってもらうには実際に望遠鏡で見て頂くのが一番かと思います。^^
でも、星雲星団は確かに眼視ではショボいんですよね~。^;;