岳の父ちゃんの PhotoBlog

Nikon D40の撮像素子をクリーニングした

ワタクシの所有するデジイチ、そろそろセンサーの汚れが目立つものが増えてきまして、

いよいよするべきことがやってきたなと・・・。

そこで、いつものカメラ屋さんで「センサー汚れ大」でほぼジャンク扱いのNikon D40を

練習用にGETいたしました。(これはラッキーでしたね。)

因みにD40はこれで2台目デス。(汗)

早速実写で確認しますと・・・。


f0159784_10461614.jpg
まぁ見事に汚れておりますな。


f0159784_10462585.jpg
センサーを見てみますと、こ、これは酷い。

もしかしたらカビ?

とにかくやってみましょう。


f0159784_10463420.jpg
f0159784_10463935.jpg
用意したのは、クリーニングの定番キット、無水エタノールとシルボン紙

それに以前からもっていたペンタックスの「ペンタ棒」

しかし、この段階でペンタ棒では汚れを取ることはできませんでした。

そこで無水エタノールでの湿式清掃となりますが、方法はネットで検索して参考にしました。

ワタクシの行った方法もほぼネットで紹介されているものと同じですので、ここでは割愛します。

(掃除しながらの写真撮影は無理だったのが本音ですが。)

清掃後は・・・。

f0159784_10471024.jpg
ということで、見事に綺麗になりましたな。^^

しかし、実写してみると・・・。

(壁に向かってF16、AFは切っていわゆるピンボケにしてます。)

一回目
f0159784_10465095.jpg
二回目
f0159784_10465397.jpg
三回目
f0159784_10465635.jpg
うーん、あとちょっとなのになぁ。

まさに小さなゴミとの格闘、エンドレススパイラルにはまりつつあります。(大汗)

そこで前出の「ペンタ棒」を使ってみることに。

f0159784_10470091.jpg
まだまだ完全にはきれいにはなっておりませんが、この辺りが妥協のしどころかなと。


※尚、ペンタ棒の使用に関しましては、ペンタックスの機種以外に使うことは自己責任となり、

この記事を読まれて使って、壊れても当方は一切責任を負いませんのであしからず。

特にソニーには使ってはいけないと聞きます。


うーん、なんだかとっても楽しかったですなぁ。

こうなるとセンサーの汚れを綺麗にしたいがために、またジャンクを探しそう。

「センサーの汚え子はいねが~」・・・なんつって。(大汗)

清掃後のD40にて。
もっとも少しくらいのゴミなら目立つ場面は少ないものです。
f0159784_11553336.jpg
Nikon D40
AF-S Nikkor 18-55mm 1:3.5-5.6 G VR





# by gaku0107boo | 2019-03-23 11:37 | 機材など | Trackback | Comments(0)