岳の父ちゃんの PhotoBlog

カテゴリ:機材など( 37 )

被写体はヤシカのフィルム一眼レフ・・・。


・・・ネタがないので、手元にあるカメラを撮ってみました。(汗)

f0159784_20120328.jpg
Canon EOS20D
Super-Takumar 1:1.8/55

ヤシカの古い古いフィルム一眼レフ、

Yashica FRとFRⅡです。

この中間にFRⅠというカメラも存在していますが、

残念ながら?入手できておりません。

FRのほうは電子制御シャッターにもかかわらず露出制御はマニュアルのみ

FRⅡは絞り優先のみです。

ちなみにFRⅠはマニュアルと絞り優先の両方が使えます。

ご存知の方もみえると思いますが、FRシリーズはコンタックスRTSの姉妹機です。

でも、シャッターボタンがフェザータッチであること以外は

使い勝手等、随分違いますね。

(ついているレンズはFRがML50/1.7、FRⅡがDSB50/1.9)


ついさっきFRの方にフィルムを詰めてみました。

外は風が強くて時折雨が・・・。

なので、まだ何も撮っておりません。・・はは。


余談ですが、これを撮ったレンズは表記のとおりスーパー琢磨55/1.8です。

ワタクシ所有の数ある琢磨の中で、この個体だけが開放ではピントが滲んでしまいます。

琢磨の名誉のために申しますと、

これは恐らく後玉が違う琢磨のものと入れ替えられて

球面収差が出てしまっているものと思われます。

・・・あ゛、入れ替えたのはワタクシだった・・かな。(大汗)

でもこの写り方、結構好きだったりします。








[PR]
by gaku0107boo | 2018-10-06 20:35 | 機材など | Trackback | Comments(24)

ジャンクIXY910ISを赤外線カメラに改造した

先週にニコイチで復活させたIXY910ISの片割れ、

このまま“おもちゃ箱”入りかと考えていましたが、

ふと思いついたのが、赤外線カメラへの改造でありました。

そんな赤外線IXYの画像であります。

f0159784_11191672.jpg
f0159784_11192034.jpg
f0159784_11190700.jpg
何でもない風景がこんなにも幻想的に・・・。^^

因みに通常?のIXYでの画像はというと・・・。
f0159784_11185728.jpg
Canon IXY 910 IS
※画像の色はオリジナルのままです。



こうして改造しました。
[PR]
by gaku0107boo | 2018-03-17 11:40 | 機材など | Trackback | Comments(10)

“二個一”のIXY Digital 910 IS

Canon IXY Digital 910ISというカメラ、

数年前にワタクシの主力コンデジとして活躍しておりましたが、

ある日、ワタクシの無茶な使い方で昇天させてしまい、

カメラなんでも下取りOKの素材にしてしまった

苦い経験のあるコンデジなんであります。


先日、ジャンクの「IXY 910 IS」をオクで数台見つけて、

その中で使えるかな?というものを2台続けて落札したんですね。^^

どちらもジャンクでしたので、送料込みでワンコイン程度でした。


さてさて、両方とも動作が生きていればラッキーでしたが、

そんなに甘くはなかったのであります。


片やAFは動くものの異音がしてピントを外してばかり、

片や液晶漏れで、大きな「ブラックホール」(笑)ありで、

(因みにブラックホール910 ISでの画像はこちらです。ちゃんと撮れます・・・)

調べたらどちらも910ISの泣き所のようですな。


もうここまで書いたらお分かりの通り

「二個一」復活大作戦!


方法はネットの情報を参考に双方分解しました。

AFが良好な方に液晶を移植しただけですが、

小さなネジやら部品やらに悪戦苦闘であります。

普通に器用な方ならそれほど難しい作業でありませんですね。

f0159784_08472299.jpg
Fuji FinePix AV250

左が復活したIXY 910 ISであります。

尚、分解中の画像は・・・、撮る余裕がありませんでした。悪しからず。(汗)


んで、試写。

f0159784_09135938.jpg
Canon IXY Digital 910 IS
今や貴重な存在?のカールオジサンであります。^^


液晶も無事動作してめでたしめでたし・・・。^^

ISO640で、ややノイズが目立っておりますが、

写りはなかなか良くって、新しいコンデジと比較しても

WEBに上げる程度なら見劣りすることはありません。

(感度が下がれば無問題デス。)

910 ISに対してはやや脆弱なイメージを持ってしまったワタクシですが、

使えるようになったことは、・・・快感かも。(笑)


結論!

また機材が増えてしまった~。(大汗)










[PR]
by gaku0107boo | 2018-03-11 09:20 | 機材など | Trackback | Comments(10)

ひと昔前のデジカメ Cyber-shot DSC-F77

今(2018 1/13)から15年以上も前のデジカメの件です。

このカメラ、今は亡き義母の形見でありまして、

義母が他界する前にいただいたものです。


じつは数年前にチラリと当拙ブログで一度だけ紹介したことがあります。

なぜに今頃また記事にしたかと言えば、ネタがない・・ケフン。

あ、いや、・・・大事な充電用コードをどこかに紛失しておりまして、

しばらく使用不能となっていたんです。

そこで専用の充電器を買おうとネットをあちこち徘徊してました。

しかし非常に古いので充電器はなかなか見つからないものなんですよね。

あっても二の足を踏むような値段だったりしまして。

でも、やっと見つけました、充電器。^^

念願叶ってついに復活!!

ついつい嬉しくなって投稿と相成りました。
f0159784_16543772.jpg

f0159784_16550375.jpg
このカメラのチャームポイントは独特のスイバルデザインと
“Carl Zeiss”のレンズですね。^^
この文字だけで持っている喜びがあります。

買い物がてら、久しぶりにシャッターを切ってみました。

f0159784_16551777.jpg
有名な唐揚げ屋さんらしいのですが、食べたことはありません。

f0159784_16552278.jpg
スーパー内は撮影禁止です。(汗)・・・内緒。
でも、独特のスイバルデザインのおかげで、ウェストレベルでコッソリ撮れます。

f0159784_16553654.jpg
名鉄小幡駅前です。

f0159784_16554641.jpg
新築中のマンション。特に意味はないデス。(笑)

f0159784_16555304.jpg
家に帰って・・。
キャットタワー、今は岳のメモリアルタワーになっております。


いくらレンズがカールツァイスといえど、

古いデジカメですので画質や使い勝手はそれなりです。

でも。義母の形見としてこれからも大事にして

シャッターも時々切ってあげようと思います。


1~2枚目:Nikon D7000
      Ai Micro Nikkor 55mm 1:2.8S
以下 Sony Cyber-shot DSC-F77








[PR]
by gaku0107boo | 2018-01-13 17:26 | 機材など | Trackback | Comments(20)

料理が映えるレンズ

我が家の元旦、

実家から頂いたおせち(丸栄百貨店製)と

母ちゃんが作った正月料理であります。


んで、昨年に格安にてGETしたレンズの

事実上の初仕事であります。


f0159784_21042385.jpg
おせち料理のヒンヤリとした雰囲気まで写し取っているように思います。

どこにピントを持ってくるか迷いました。(汗)


f0159784_21045014.jpg
かまぼこや卵焼きが実物以上に艶やかに写ったと思います。


f0159784_22292902.jpg
岳はタツクリが大好きでした。

もちろん岳にも。

Nikon D7000
New Micro Nikkor 55mm 1:3.5 Ai改



f0159784_21055448.jpg
ワタクシ、マイクロニッコール55mmF2.8Sを昔から持っておりまして、

F3.5は必要のないレンズのはずだったんですが、とあるお店でとてもリーズナブルに

置かれているのを放ってはおけなかったのです。・・・病気です。(大汗)

確かに色々な方の感想から、圧巻のその素晴らしい描写力は知ってはおりました。

しかし、既にもっているF2.8Sも凄いものがありますので、手に入れることはないはずでした。


結果、撮ってみて・・・、買って良かった~。であります。v^^

同一被写体を撮っておりませんので、あくまでもワタクシの主観ですが、

シャープさや解像力はF2.8SもF3.5も甲乙つけがたいのですが、

F3.5のピキーンとした高コントラストとその解像感は画像を見て頂いたとおりです。

後から感じたのですが、料理よりも器の方にその特徴が出ていますね。

(リサイズ画像ですので、参考にはならないかしらん。)

でも、暗部は潰れやすいので使い勝手はF2.8Sよりも難しいと思います。

高コントラストで個性が強く気難しいF3.5と、何を撮ってもキッチリと結果を残す

優等生的なF2.8Sといったところでしょうか。

しっかり使い分けができます!・・・するかどうかは別ですが・・。(大汗)

(くどいようですが、あくまでもワタクシの主観であります。念の為。)


ただでさえピントが難しい接写、キレキレのレンズで撮ると、ピントがさらにシビアになりますな~。







買ってすぐに試写として岳を撮っております。
[PR]
by gaku0107boo | 2018-01-02 22:11 | 機材など | Trackback | Comments(10)

大好きなレンズ、Ai Nikkor 105mm F2.5で・・・。

α7で撮ってみたかった古レンズシリーズ?第二弾

ニッコールの名玉、105mmF2.5であります。

付き合いの長いレンズでありまして、

モノクロフィルムで撮っていた頃の

ワタクシの中心選手であります。

APS-Cで使うと本格的な望遠レンズになりますが、

それでもなぜか使い良かったんですね。

・・・ワタクシの感覚とはじつにエエ加減なもんです。(汗)

でも、フルサイズで撮ってみたら・・・、

やっぱりコレですね、コレ!(意味不明)

f0159784_17443139.jpg
α7に装着した105/2.5



f0159784_17451741.jpg
東海市にあるイタリアンレストラン「ノンナ・カコーレ」の
ノンナさん(ノンナはお婆ちゃんという意味だそうです)

f0159784_17450354.jpg
イタリアンレストランに何故か埴輪が・・・。

f0159784_17445315.jpg
東浦町生路付近のJR武豊線

f0159784_17444269.jpg
電車が来た・・・ではなく、行ってしまったデス。(汗)
でも、とりあえず撮れて良かった。!(^^)!



Sony α7
Ai Nikkor 105mm 1:2.5
最初の画像は
Pentax K-x
XR Rikenon 1:2 50mm


一般にニッコールレンズはシャープで解像力は高いが

カリカリでボケも硬いという通説がありますが、

そんなことはないんです。

ワタクシがずっとお気に入りで使ってきた理由は

柔らかくてトーンが豊富でボケも美しいからなんです。

まさに名玉であるとワタクシは断言します。^^









[PR]
by gaku0107boo | 2017-11-26 18:12 | 機材など | Trackback | Comments(12)

100均!フィルムコンパクトカメラ

ここ数週間でワタクシのもとにやってきた“ジャンクなフィルムコンパクトカメラ”、

全部で4台ありました。

正直なところ今まで見向きもしなかったフィルムコンパクトカメラですが、

少し前にYashica T AF-Dを落札して使ってみたら、これがすっごく楽しい!

※Yashica T AF-Dは残念ながらフィルム一本通した後、お亡くなりになってしまいました。

それがきっかけで手持ちのフィルムコンパクトカメラをあれこれ弄っていたら、

これまたよく写るし、さらに楽しくなり、冒頭のように4台ものカメラを買ってしまったわけですな。

いずれも値段は100円(税込み108円)でしたので、お財布には負担が少なかったのが

せめてもの救いでしょうか。(笑)

それでは・・・・。

f0159784_17054043.jpg
Canon demi EE17です。レンズはCANON LENZ SH 30mm 1:1.7、ハーフサイズであります。

ワタクシが中学時代に使っていて、修学旅行にも連れていった想い出深いカメラなのであります。

完動品でキレイな個体なら少なくとも数千円はするのでしょうが、

このdemiはファインダーが曇ってよく見えない上に、ブライトフレームが外れているのか、

あちこちに動いてしまいます。(汗)

しかも露出計がNGです。(通電しません)

でも、レンズはキレイで、シャッターと絞りは動作します。

今日撮ったネガを見る限り、しっかりと写真は撮ることができました。

(まだスキャンしてませんので、画像は近々に・・・。)


f0159784_17145308.jpg
Olympus AF-1。レンズはZUIKO 35mm 1:2.8。

外観は非常にキレイな状態です。

少しくらいの雨ならヘッチャラの生活防水カメラです。

なぜ100円?と思ったら、防水のためのレンズ前面のガラス(フィルター)にヒビがありまして、

このままではまともに撮れそうもありませんでした。

生活防水ではなくなってしまいますが、強引にガラスを取り去ってしまったのです。が、

・・・レンズの周り貼ってあったプリントシールがボコボコになってしまいました~。_| ̄|○

電池(CR-P2)を入れたら無事動きましたので、撮影が楽しみです。


f0159784_17302750.jpg
Fuji DL200。レンズはFUJINON 32mm 1:2.8とちょっと変わった焦点距離。

このカメラの画像は撮る前に存在が無くなってしまったので、ネット上より拝借です。

というのは、どうやら酷く落下させられたようで、ボディーシェルの継ぎ目に隙間があったり、

所々亀裂のようなものが走っていたりで、とても写真が撮れる状態ではなかったのですね。

しかしレンズだけはきれいだったので、ワタクシとしてはレンズのみ生かそうとして摘出しました。

まだ摘出したレンズは手つかずですが、早く定評あるフジノンレンズの写りをデジタルで見てみたいものです。


f0159784_17403007.jpg
FLASH FJICA DATE。FUJINON 38mm 1:2.8。

このカメラだけは今のところ不具合箇所がまだ見つかっておりません。

完動品なら500円でも買ったと思います・・・たぶん。

電池は単三2本で、フラッシュを使わなければかなり長持ちしそうな気がします。

何しろ手動巻き上げの手動巻き戻しですから。(笑)

ワタクシが惹かれたのがこのフジノンレンズ38mmF2.8です。

その昔、ワタクシはFUJI HD-Mという水深3メートルOKの全天候型カメラを使っていたことがありまして、

その写りの良さには舌を巻いたことがあります。

スペック上が同じとはいえ全く同じレンズかは不明ですが、すごく期待してます。^^



以上、オール100円カメラ、ゆっくり楽しんでみようかと・・・。v^^

また、手持ちにも何台かフィルムコンパクトカメラがありますので、

まさにワタクシ、フィルムコンパクトカメラ祭り~。(大汗)







[PR]
by gaku0107boo | 2017-06-18 17:53 | 機材など | Trackback | Comments(12)

ヤシカTのレンズを改造したよ。

少し前なので憶えて頂いておられる方もお見えになると思いますが、

オークションでジャンクなフィルムコンパクトカメラ、

Yashica T AF DをGETしたわけですが、フィルムを一本通した後、

少し空シャッターを切っていたら全く無反応状態になってしまったんです。

修理の出来る方なら直したかもしれませんが、ワタクシにはそんなスキルもありません。

つまり直そうとして分解したら、今までの実績?から必ず昇天させてしまいます。

さてどうしようか・・・。

もともと露出制御は全く働いておらず、使うには少々無理もあったし・・・。

このままではこのカメラの目玉であるテッサーも宝の持ち腐れになってしまいます。

ということで、とある日に分解に踏み切り、レンズを取り出したというわけであります。

そんなテッサー35mm、Eマウントで使えるように工夫してみたわけですね。^^

f0159784_13380110.jpg
幸いと言いますか、ワタクシは天体望遠鏡の部品を持っておりまして、

それらを応用することで比較的簡単に改造することが出来たんです。

右上はレンズ鏡胴用に24.5サイズのアイピースのバレル部分(内側はマットブラックに塗装しました)

左上は24.5-36.4のアイピースアダプター。

昔から天体望遠鏡を使っている方ならご存知かと思いますが、

下はアイピースにねじ込んで使うサングラスまたはムーングラスです。

画像では既にグラスを取り除いてレンズ(テッサー)が嵌め込んでありますが、

少し内径を削ればほぼピッタリの大きさでラッキーでしたね~。


f0159784_13474520.jpg
24.5-36.4アイピースアダプターを例によってEマウントボディキャップにはめ込みます。

もちろんボディキャップには大きさを合わせた穴を開けました。

後はレンズを組み込んだバレルをレンズを奥にして差し込むだけです。^^

絞り兼用のビハインドシャッターでしたので、植毛紙を利用した円型絞りを後端に張りつけました。

円型絞り穴は現在はもう少し小さめに付け替えております。・・・F8位でしょうか。

f0159784_13551520.jpg
・・・という感じの面構えになりました。

ピント合わせはバレルの抜き差しで行い、横に出ているネジでロックします。

正直、使い勝手はよろしくありませんですな~。(笑)

それに気を付けないとバレルが抜け落ちてしまいます。(爆)


今日、試写してきました。

f0159784_14001190.jpg
f0159784_14004083.jpg
f0159784_14010186.jpg
f0159784_14012358.jpg
Sony NEX-6
Carl Zeiss Tessar 3.5/35 T*



遠景では隅が光量落ちしておりますが、バレルが深すぎてケラレているようです。

今後の宿題であります。・・・やるかどうかわかりませんが。(大汗)







[PR]
by gaku0107boo | 2017-06-04 14:07 | 機材など | Trackback | Comments(16)

スーパーヤシノン135mmF2.8

f0159784_10593608.jpg
Nikon D7000
AF-S Nikkor 35mm1:1.8G


つい最近、某オクにて仕入れたヤシノンの135mmであります。

価格は送料込みで3Kとちょっと、なんと入札はワタクシ一人でありました。^^

題名と画像にある通り、SUPER YASHINON-DXなのであります。

AUTO YASHINON-DXというのはわりと頻繁?に見かけるわけですが、

このヤシノンはオートではなく〝スーパー〟なんですね。

絞りはプリセットなので、当然オートより古いレンズなんでしょう。

このレンズの素性をググってみましたが、ほとんどヒットしません。

どちらかというと海外のサイトで登場することが多かったです。

当然ヤシノンですので、富岡製であろうと思われますが、

前述の通り確証はありません。

どなたかご存知であれば教えてくださいませ。m(_ _)m


筐体は総金属製でずっしり重く、ヒンヤリとした感触が心地良いのであります。

レンズそのものは前玉の縁にごくわずかにコーティング剥がれがあるものの、

年数を考えれば大変キレイなレンズですね。

その写り具合は・・・・・。

f0159784_11193619.jpg
f0159784_11204233.jpg
f0159784_11202050.jpg
f0159784_11211769.jpg
f0159784_11214955.jpg
f0159784_11232804.jpg
f0159784_11235961.jpg
Pentax K10D
Super Yashinon-DX 1:2.8 f=135mm


発色がコッテリ系のK10Dなんですが、出てきた画像はどちらかというと寒色アッサリ系です。

・・・逆光に弱いのは仕方ありませんな。(汗)

この寒色アッサリ系、この時代のヤシノン、もっと言えば富岡製レンズに共通しているように思われます。

前回と前々回アップしたエレクトロ35のヤシノン(こちらは間違いなく富岡製)と似た色乗りですね。

つまり、状況証拠?ではこのスーパーヤシノンはトミオカレンズの可能性大です。

富岡かそうでないか・・・、

まぁ、考えてみたらワタクシはレンズコレクターでもないし(ちょっとそのケはあるかも?)

どちらでもいいわけでありますが(ホントかい!)、なぜか気になる「富岡」ブランド、

不思議な魔力を放っているように思えるのはワタクシだけでしょうか?




















[PR]
by gaku0107boo | 2017-02-19 12:23 | 機材など | Trackback | Comments(10)

古トイカメラの再利用?

改造レンズシリーズ(勝手にシリーズ)であります。

20年以上前にカーディーラーでもらったノベルティーでした。

いわゆる“玩具”ですので当時はこれで写真を撮ってみようなどと考えもしませんでした。

それでも好奇心から2~3本はフィルムを通したでしょうか、

まぁ写りはそれなりで、当時はまだ隆盛を誇っていた「写ルンです」の足元にも及びませんでした。

いつのまにやら内部の部品が破損したようで動かなくなり、ワタクシの「ゴチャゴチャボックス」の

奥底に長い年月もの間潜航しておりました。

先日、あるものを探すためにゴチャゴチャの中をゴチャゴチャしてましたら、

久しぶりにご対面~。(笑)

あらためてワタクシのおもちゃになりましたとさ。(爆)

f0159784_19532452.jpg
尚、Nikonのロゴがありますが、ただのシールであります。

いっちょ前にストロボ接点付アクセサリシューが付いておりますな。

んで、早速分解してレンズを取り出します。

f0159784_19565018.jpg
プラスチック製のおもちゃですので、簡単に取り出しました。

あとはニッパーで適当な大きさにパチンパチンと切ればよろし。

他に部品として用意したのは・・・、

f0159784_20005246.jpg
左上 ソニーEマウントのボディキャップ、真ん中に8~9ミリの穴を開けました。
その下 望遠鏡に使われていた樹脂製のリング、フランジバック調整用にあつらえました。
隣はニッパーで形を整えた?レンズユニット
一番右は100円ショップで見つけたスマホ用のフロントコンバージョンレンズ(後で登場)用のキャップ、これも真ん中に10位の穴をあけております。

f0159784_20135779.jpg
接着剤でくっつけて組んでみました。

f0159784_20150199.jpg
今回の〝目玉〟である目玉・・・、いえ、100円ショップで買ったスマホ用フロントコンバージョンレンズ(ワイド用)であります。
レンズ部分がネジこまれていて、外すことができます。

f0159784_20182269.jpg
コンバージョンレンズの根本の部品もニッパーで切って、このように接着します。
あとはレンズをネジ込むだけです。
f0159784_20204000.jpg
なんだかカッコいい・・・。


早速撮ってみました。



ワイドコンバージョン無しでは・・・。
f0159784_20234665.jpg

ワイドコンバージョンをつけたら、
f0159784_20245086.jpg


楽しかったデス。v^^






[PR]
by gaku0107boo | 2017-01-15 20:26 | 機材など | Trackback | Comments(8)